法律問題に巻き込まれた時には

私たちの生きている世界には、実は数多くの法律が網目を作っています。その上で生活が守られているのですが、明日それが揺らいで、あなたを傷つけてこないとも限りません。

もし千葉市で法律問題に巻き込まれた時には、どうすればいいのでしょうか?

答えは、「何かあったらすぐに弁護士に相談する」。やはり、これしかありません。

自己弁護には限界あり!

素人の法律知識は、大体において穴だらけです。大学で少し法律をかじったために、トラブルに巻き込まれた際、自己弁護で乗り切ろうとする方も少なくありません。しかし法律というのは、日々変わり、複雑化してきています。本当にすべてを知っているのは、その道のプロとして生計を立てている弁護士だけです。自分の力を過信してはなりません。

特に厄介なのが、交通事故の例です。軽い事故であれば、自分たちだけで話し合って解決できる、と考えている人も多いようですが、これは間違い。少しでもこちらと相手の話が食い違えば、たちまちトラブルは複雑化してきます。保険会社によっては、不利な上場は隠して少額の賠償金を渡して済ませようとすることも…。そういったケースで、まあこんなもんか、と考えて引くと必ず後悔します。弁護士に頼れば、賠償額は変わるはずです。

どんな些細な問題でも、法に関する限り、自分が一番物事をわかっていると考えるのは危険です。法のプロはあなたからよく話を聞き、最良の解決策まで導いてくれるはずです。