スポーツ

千葉県の高校野球は全国的に見て地方大会の参加校が非常に多く、群雄割拠の状態が続いている。全国高等学校野球選手権の記念大会においては西千葉地区と東千葉地区に分けられることもある。硬式野球部の夏の全国高等学校野球選手権千葉大会では例年千葉マリンスタジアムで開会式・閉会式が行われ、予選の試合の多くは千葉県野球場や青葉の森野球場などで行われる。 高校サッカーでは船橋市立船橋高等学校や習志野市立習志野高等学校、流通経済大学付属柏高等学校を中心とした東葛地区に強豪が多いという特徴がある。他の都道府県に比べ、全国高校サッカー選手権大会に同一校が県代表として連続出場するケースが少ない(前年度の全国優勝校が県大会で姿を消すこともある)ため、高校サッカーの「最激戦区」とも呼ばれる。県大会の出場校が多く、1次から3次に分けられることもあって、全国高校サッカー選手権大会のトーナメントが決定するまでに県代表が決まっていないこともしばしば。地方大会は各地の競技施設または学校のグラウンドで行い、準決勝と決勝はフクダ電子アリーナや柏の葉公園総合競技場などで行われる。(引用:Wikipedia)